香港にて 華やか虹色のIced Mooncake作り

香港での月餅ムーンケーク作り体験 旅 x クッキング

アジアのシリコンバレーとも呼ばれる中国、深センに行ってみよう、と思い立ち、そのついでにfutariが日帰りで立ち寄ったのが、香港。深センからは陸路でボーダーを超えることができます。

ステイ先の深セン中心街から、香港方面を見た景色
ステイ先の深セン中心街から、香港方面を見た景色

香港を訪れたので、美味しいDim Sumの作り方でも習いたいなあと思って料理教室の候補を探していたところ、なんと中国の伝統菓子である月餅の作り方を教えてくれるという教室をAirbnb Experienceで発見。これはおもしろそう!とfutariで参加してきました。
月餅というと、月に見立てた円形の平べったい餡入りの焼き菓子をイメージすると思うのですが、今回は月餅は月餅でも、Rainbow Iced Mooncake。焼かないで作る日本の練りきりのようなもののようです。実はfutariも食べたこともなくどんな味なのか、どんな材料を使うのか全く不明な状態でのレッスン参加でした。


最寄りの駅でホストと待ち合わせて、そこから徒歩数分ほどでホストのコンドミニアムへ。奥さまとお子さんとの3人暮らし(もちろんベビーシッターさんもいるのですが)ということで、ベビー用品もおいてあり悪い意味ではなく生活感もあるお部屋で、お友達のおうちにちょっとお邪魔しにきた、というようなアットホームな感じです。

Iced Mooncake作りを教えてくれたホスト
Iced Mooncake作りを教えてくれたホスト

すでに甘味もついている月餅用の粉があり、そこに赤、黄、緑の3色にそれぞれ着色して、まるい団子のようにしていきます。粘土遊びをしているみたいで、これは子どもが喜びそう!3色の団子を手のひらの上でつなげて、その上に餡を載せてくるみ、最後には型の中に入れて押し出して、あの月餅の形と表面の柄を作っていきます。

3色に色付けしてから、餡子を包んでいきます
3色に色付けしてから、餡子を包んでいきます
香港にてIced Mooncake作り体験
ホストのキッチンダイニングでの体験

なんでも、やってみる前には、難しそう、よくわからない、と思うものですが、実際に自分の手や足を動かしてみると、なんだこんなに簡単にできるんだ、やってみてよかった、と気づかされます。これは人生のいろんなチャレンジにも通じることなのかもしれないですね。まずはトライしてみること!futariが大切にしたいモットーのひとつです。

色々な型があって、様々な絵柄が作れます
色々な型があって、様々な絵柄が作れます

Airbnbは民泊のイメージが大きいと思いますが、宿を提供しているだけでなく、Airbnb Experienceという「体験」も提供しています。料理教室はもちろん、一緒にサイクリングをしながら街を巡る体験だったり、伝統工芸の体験や、一緒にバーを巡る体験など、その土地ならではの体験がたくさん詰まっています。これからどこかへ旅に出る、という方は、ぜひ一度Airbnb Experienceで新しい体験を”Explore”してみることをオススメします!

タイトルとURLをコピーしました